滑らかなメッキ加工の必需品!消泡剤の使い方を学ぼう!


メッキ加工は化学反応による気泡の発生に注意

メッキ加工は金属製品に艶を持たせる他、皮膜を作って傷や汚れから守る目的があります。メッキを施さない金属製品はすぐに傷んでしまうので、良好な状態を長く保つためにもリン酸処理などのメッキ加工は欠かせません。しかし、メッキ加工用の薬剤が金属に触れると化学反応を起こし、気泡が発生することがあります。気泡が生じたまま薬剤が乾くと皮膜の厚さが不均一になる他、破れてしまうこともあります。こうなると見栄えが悪くなり、金属製品を守る効果もほとんどありません。このような状態を防ぐために、メッキ加工の際は消泡剤の添加を行う必要があります。

余計な泡の発生を抑える利点がある一方で注意点も多い

消泡剤は名前の通り、化学反応による気泡の発生を抑える効果がある薬剤です。金属製品へのメッキ加工では消泡剤を使わないと綺麗な皮膜を形成できないと言っても過言ではありません。メッキ加工用の薬剤の多くは金属製品の表面をわずかに溶解させて成分を固着させる作用があります。そのため、消泡剤を使わずに気泡の発生を防ぐことはほぼ不可能です。消泡剤はメッキ加工を滑らかに仕上がる必需品ですが、その一方で人体に有害な成分を含んでいる物も多いので取り扱いには細心の注意を払う必要があります。

メッキ加工の薬剤と混ぜた際に生じる蒸気を吸引すると重大な健康被害に遭うおそれがあるので、作業の際はマスクの使用や換気を忘れてはいけません。化学薬品の多くは人体に重大な悪影響を及ぼすので、決して素手で触れてはいけません。消泡剤も同様に保護具を必ず着用し、作業に使う分だけを取り出して扱うことを心がけましょう。

消泡剤は泡が残らないようにするための加工助剤で、豆腐の製造に使用されています。江戸時代には油が主流でしたが、現代ではグリセリン脂肪酸エステルやシリコーン樹脂に置き換わっています。